ホーム > 外壁塗装 > 外壁塗装はどのタイミングで行うのが良いのか?

外壁塗装はどのタイミングで行うのが良いのか?

日頃家に住んでいると見落としがちでつい後回しになりがちなのが外壁の塗装ですが、どれくらいの周期でやるのが適しているかというと、一般的には10年周期くらいが良いのではと言われています。もちろん、立地条件によって外壁への負担が激しい場合にはもう少し早い時期での塗り替えが必要になると思いますが、一定の周期で外壁塗装を行うことで結果的には家の長持ちにもつながりますし費用もトータル的にかからなくなります。

外壁塗装をする目安のチェックですが、たまに外壁を見てみるとひび割れがあったり、外壁に汚れや色あせがあったりもします。特に外壁のひび割れやはがれなどは見た目の問題もありますが、何よりも家の強度にもかかわるので外壁塗装のひとつの目安にもなります。

見た目にはさほど変化がなくても、外壁の表面を手でさわった時に白い粉のようなものがついた場合はチョーキング現象という外壁の防水効果があまり期待できない状態になるとでてくる現象なのでこれも外壁塗装をする目安になります。

エース・リフォームの評判・クチコミ・利用者の声